FC2ブログ

ストレスと生活の質

2020.01.21 12:19|徒然
新しい職場に行き始めて2週間。よい感じです。去年半年強、毎日会社行くのが嫌だった前職とはえらい違い。今のところストレスがまったくないです。

「定時退社で最寄りのターミナル駅勤務」を絶対条件として仕事を探して、運良くそこそこの時給でITの仕事を見つけられたんですが、どれくらいストレスがないかというと、

・半分以上の人が基本定時退社
・自転車通勤
・帰りにコンビニレベルの買い物する余裕がある
・忙しすぎず、暇すぎず
・定型作業なので刺されるストレスがない
・夜は仕事のことは一切考えなくてすむ

これ全部が前職とは真逆。前職の何にストレスを感じていたかというと

・お迎え時間が1分1秒を争う
・定時ダッシュするのが私だけ
・帰りに牛乳すら買いにいく時間の余裕がない
・メール送る度刺されるのではと神経すり減らす
・夜も携帯でメール見る人多し

定時から寝かしつけまでの余裕のなさと、それだけ無理をしても仕事がうまく回らないストレスで疲弊、って感じでした。

ちなみにその前のザ、外資の会社を辞めたのは、どちらかというとキャリアのためだったので、まあ夢見て大企業に転職したけど、こういう会社は合わないことが良くわかったかな。

今の仕事では初心者扱いなので、まあ、あまりテクニカルなことはしてませんが、IT慣れしてないと厳しい定型作業って感じかな。言われたことだけやればいいので精神的には楽です。

面白いかと言われれば、そんな面白くもない仕事ですが、今の仕事始めてわかったのは、ストレスのない生活って、こんなに生活の質が向上するのか、ということ。

具体的には、あれだけ毎日ついつい飲んでしまったお酒を飲まなくても別に平気になったこと。同じく大好きな家系ラーメンがっつり食べたい!って衝動がなくなったこと。

お酒を飲まなくなって、ようやく資格の勉強時間が捻出できるようになりました。前は勉強しなきゃと思っても、帰ってきたときにビール飲みたい衝動に駆られて負けちゃってたんだよな。今はそこまで、飲みたい、って気持ちにならない。週末はちょっと美味しいワイン飲もうかな、という気分にはなるので、週末だけ飲んでる感じ。

家系ラーメンもそう。週1回がっつり行きたい!みたいな気持ちがあって遠くのラーメン屋までわざわざ行ったり。今は新しい職場の近所のラーメンは1度は試したいと思うけど、そこまで、家系こってりがっつり食べたい!という気持ちにならない。

思うにこういう食生活はストレスから来てたんだな。。

常に「なにかに追われる」生活は私には想像以上にストレスだったみたい。それがなくなって、不健康な生活を求めなくなったというか。

電動とはいえ自転車通勤と、新しい職場のルールで4階まで階段生活、さらにはお弁当持ってく余裕もできて、健康的な生活をしてます。痩せてはないけどそこはこれからに期待(笑)。

ワーママでも管理職、年収700万とか800万目指したい、というツイートを先日見たけど、たぶんそれくらい以上の数字になるとストレス込みなんだよな、と。ストレスやプレッシャーのかかる仕事になってくるから、気づかぬうちに体は影響受けてるんじゃないかな。まあ、出世というのはそういうことだとも思うし、稼ぎが大きくなればその人の影響力が増え、すなわちそれはストレスやプレッシャーになるというのは、たぶんどこの業界でも同じかと。

と言っておいてなんだが、正直今はこの程度の仕事で今の時給もらっていいんかな、って気もしてる(苦笑)。仕事内容テクニカルな人たちもっともらってるのか!?

まあ、2、3年は家事育児介護優先でゆるゆる働きながら資格目指して、その後はまた仕事のペースをあげて働こうかな、と思います。

まあでも、稼ぎも減ったけど、ストレスない生活で支出も減りそうです。


関連記事

テーマ:働くママの育児日記
ジャンル:育児

コメント

非公開コメント

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの

最新記事

タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ

これまでの訪問者

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

最新コメント