FC2ブログ

IKEA

2015.03.30 12:48|妊娠生活
先週土曜日、ベビーベッドを買いにIKEAへ行ってきました。

いつも行くのは新横浜のIKEA。渋滞するから8時に出よう!と思いつつ、出遅れてしまい、結局9時出発、渋滞にはまって、10時半着でした。普段は私が運転しているんだけど、妊娠中は旦那が運転してくれてるので、着いてまずIKEAのカフェで休憩。朝ご飯は食べたけど、旦那が物足りなかったようで、IKEAの299円のモーニングをさらに食べてました(笑)。それを見越しての、朝ご飯の量だったりするのだけどもね。私はチョコレートケーキ食べてしまった・・・。

で、さてはてIKEA。久しぶりに行くと楽しいね。基本、家具はニトリのほうが私の好みにあっているのですよ。配達&組み立てもしてくれるし。なんというか、IKEAの家具はハードルが高いというか。組み立ても自分たちだし、壁固定の棚とかも多いしね。でもサンプルの部屋?見るだけでも楽しい。

土曜の午前中ということで、道路は渋滞してたけど、IKEAは思ったほど混んでなかった。引っ越しシーズンであることと、午後組み立てるなら午前に買いにくるべきじゃない?ってことを考えると、ちょっと意外だったけど。1周まわって、もう一度カフェでお茶だけで休憩したけど、その時ちょうどお昼時で、朝よりも混雑してたけど、席がない、ってほどではなかったからなあ。

で、買ったベビーベッドはこちら。
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/40248532/

ikea2.png

HENSVIKのベビーベッド、9990円。やたら9が多いのが外国のお店って感じがします。

なぜIKEAのベビーベッドが良かったかと言うと、高さが2段階に調節できる事と、ベッドを低くして片側の柵をとりはずせば、キッズベッドとしても使えるということ。このキッズベッドとして使えるってのがよかったんです。IKEAのベビーベッドはいくつかラインナップがあるけど、基本的にこの点は全部一緒みたい。

我が家は2世帯住宅の3階暮らしで、いずれ子供部屋にと考えている部屋は2階にあるのです。とはいえ、夫婦の寝室は狭いし、セミダブルベッドだし。赤ちゃんをどこに寝かせるか、2歳くらいになったときどこに寝かせるか、をいろいろ考えたら、やっぱりIKEAのベビーベッドが一番いいんじゃないか、と言う結論になったのです。マットレスとかもいろいろ考えたんだけれどね。このIKEAのベビーベッド、120cmなので、4歳くらいまでは一緒の寝室で使うつもり。その後は、ちょっと早いけど、2階の子供部屋で寝てもらおうと。

ベビーベッド買っても寝てくれないよ、とか何人かに言われたけど、寝てくれないも何も、他に寝る場所ないんだからそこで寝てもらうしかない、って話ですよ。ちゃんとベビーベッドで寝てくれるように、それはそれで対策を考え中ではあります。

IKEAではベビーベッドの他に、マットレスや掛け布団なんかも購入。IKEAのベビーベッドは日本の一般的なベビーベッドよりも幅が10センチほど狭い、60cmX120cmなので、寝具も一緒に購入しました。

他にも欲しかったコート掛けや、コップとか諸々購入し、途中でお昼ご飯も食べて、帰宅したのは16時前。それから旦那が組み立てて見る、と言いだしたので、お手伝いしながら組み立て。二人でやれば15分くらいで組み立てられました。ベッドにマットレスを敷き、ベッドパッドを敷き、一緒に買ったスリーパーを置いて見ると、なんか赤ちゃんが来る、って実感がものすごい湧いた(笑)。あと1ヶ月くらいしたらここに寝るのかあ、と。とりあえずはベビー用品の物置き場になっちゃってるけど(苦笑)。

ということで、ベビー用品は今回のベビーベッドでほぼ購入終了。あとはドラッグストアでおむつとか粉ミルクとかを買えば完了。これは場所取るので、もう少し後でもよいかな、と。ということで、IKEA、たまに行くと楽しいな。

関連記事

コメント

非公開コメント

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの

最新記事

タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ

これまでの訪問者

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

最新コメント