FC2ブログ

カヨ子ばあちゃん73の言葉

以前、ちーちゃんの妊娠中に買っていた本を改めて読み返してみました。レビュー書いてなかったので、ついでに。

【賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育て】 カヨ子ばあちゃん73の言葉
http://amzn.asia/iLEo1Bs

kayoko.jpg


なんでこれを読もうと思ったのかはもう忘れてしまった。育児書を何冊か読んでみよう、と思ったのと、説明見て巷のよくある育児書とはちょっと毛色が違っていた感じだったので、面白そうと思ったのかもしれない。

カヨ子ばあちゃん、この本が出た時はすでに80歳くらいだと思うのだけど、昔の人にありがちな「昔はよかった」論だけで展開されることなく、昔の子育ても認めつつも、今の「育児論」で無理しているママさんたちに、「もっと楽したらいい、子育て楽しめ」と言ってくれるような本。要は、子育ての上で「手を抜くべきではない大切な部分」と「手抜いて楽してOK」な部分を教えてくれる感じ。

カヨ子ばあちゃん自身が学生結婚して、旦那さんの留学でアメリカへついて行って、そこでしばらく子育てしたという、この世代の人としてはかなり異色の経歴の持ち主なので、斬新な考え方も結構多かったです。

ゲームもテレビもOK(でも一日中テレビはダメよ)、保育園・幼稚園に行ってないなら夜9時に寝なくてもOK、0歳児から子供預けて働いたからって問題ない大事なのは一緒にいる時間、6ヶ月で卒乳したらいい、等々、

もちろん、私自身、すべてに賛同できる訳ではないし、実際にちーちゃんをここまで育ててみて「そうは言っても難しいよなあ」とか「これはダメって書いてるけど、ちーちゃんに関してはこれでいい気がする」みたいな項目もちょくちょくあった。でも育児書なんて、そういうものだと思うので、自分の子供に何が合っているかを見つけるためのヒントを、この本はいろいろくれる気がする。

今回参考になったのは「夏でも薄手でいいから長ズボン履かせること」。私自身が暑いの嫌なので、ちーちゃんには五分丈とか七分丈のズボンを夏は履かせてたのだけど、薄手の長ズボンの方が転んで擦りむいたり、というのを気にせず遊べるからいいらしい。昨今蚊の心配もあるから長ズボンの方がいいらしいとは思ってたのだけどね、来年からは長ズボンにしようかな。

巻末に野菜嫌いの子のための野菜レシピが載っています。アメリカ暮らしの経験があるカヨ子ばあちゃん、ちょっとおしゃれなものもありました。トマトくり抜いてポテトサラダ入れてチーズ乗っけて焼く、とか。こういうの見ると、基本ものぐさな私は、ポテトサラダとトマトで食べればいいじゃん、と思ってしまうんだが、野菜嫌いの子に食べさせるにはこういう工夫が大事なのね。ピーマン肉詰めとか、レンコンのはさみ焼きとか、なんでそんなめんどくさいことするんだろう、ってずっと思ってた(苦笑)。

全部に賛同はできないけど、読むと割と気が楽になる本でした。

 にほんブログ村 子育てブログへ
関連記事

テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの
最新記事
タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ
これまでの訪問者
Twitter
Instergram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
最新コメント