FC2ブログ

天王寺の子連れ対応っぷりがすごかった

2016.09.26 16:42|遊びスポット
奈々様ラーイブ@甲子園!

ですが、ライブレポは後日書くことにし、今回は泊まって観光した天王寺の話をば。

今回旦那とちーちゃんも観光ついでに一緒に大阪旅行したわけですが、泊まったのは天王寺の都ホテル。部屋は少し古い感じだけど、清潔感ありましたし、朝食バイキングが充実でした。何より駅直結。伊丹からのバス発着場所から少し距離があるんですが、新幹線→御堂筋線で来るならかなり楽ではないかと。

天王寺都ホテル
http://www.miyakohotels.ne.jp/tennoji/


で、天王寺。15年ちょっと前、大学時代に大阪に住んでいたんですが、当時付き合っていた彼氏が天王寺の、それも西成寄りのほうに住んでいたので、割としょっちゅう天王寺には来ていました。が、その頃の面影は皆無。確か7,8年くらい前に旦那と大阪に旅行に来て動物園前から新世界のほうへ歩いた記憶があるのだけど、あの頃はまだ以前の天王寺の雰囲気だった気がするんだけどな。簡単に言えばちょっと怖いエリアで、天王寺駅前の近鉄百貨店あたりがかろうじて普通の感じ。若い人とか乗り換えの人以外はいないし、ましてや子連れなんてもっといなかった、と思う。

それがもう!てんしばでは芝生の上でのんびりでき、そばにプレイヴィル、キドキドみたいな施設もあり、もちろん天王寺動物園だってある。Q's mallやあべのハルカス、リニューアルされた近鉄百貨店、どこもきれいでレストランも充実、さらにいたるところにエレベーターがあるので、ベビーカーでも楽ちん。天王寺駅前の歩道橋ではたくさんのベビーカー押したパパママとすれ違ったし、どこのレストランでも子連れをたくさん見ました。

なんせ、天王寺動物園の新世界側のゲートから出たところ、お好み焼き屋や串カツ等の大阪グルメの店があるのだけど、子連れ歓迎、キッズメニューやおむつ替えスペースもトイレにあって、子連れファミリーがたくさん来てました。新世界だよ!?ここ!?みたいな。

もう完全に昔と雰囲気が違います。ハルカスから見下ろした、当時うろうろしていた危ない界隈はには高層マンションができ、きれいな道が整備されていました。再開発ってすげーんだな、というのを肌で感じましたよ。

まあ、そんなきれいになっても、ところどころに朝からやってる赤ちょうちん系飲み屋はしっかり存在し、酔っぱらったおじさんがおまわりさんのお世話になっているのを見ると、ああ、やっぱり天王寺、と思いましたけれども。

とにもかくにも天王寺、すごかったです。もう少しちーちゃんが大きくなったらまた大阪に遊びに来ようと思うけど、その時もたぶん天王寺に泊まると思います。梅田に比べて、移動範囲がコンパクトで済むし。近鉄乗って奈良へ行ってもいいかもしれない。

天王寺動物園のトラとかキリンとか。





てんしば。芝生入れます。


あべのハルカスとか



テーマ:働くママの育児日記
ジャンル:育児

シンゴジラ(ほぼネタバレなし編)

2016.09.16 14:18|音楽・映画
I got a Shin-Godzilla day off yesterday! (カヨコ風に)

ということで、ようやく、ようやく見てきたよシンゴジラ!昨日代休取って、シンゴジラ休暇取って!

実は公開前から見たかったのです。ハリウッド映画に比べて日本映画の良さのひとつって、「じめっとした湿度感」だと思うのです。あの重っくるしい感じがシリアスとかホラーとか、そういう映画をより一層引き立てていると思うので、シンゴジラ、じめっと重い予告映像に期待が高まっていたのです。

なんですが、なかなか行けず、思わずネットの大盛り上がりを見て、ラストのネタバレまで完全に見ちゃって、「これはむしろ今から映画みたほうががっかりするかも・・・」とか実は思っていたのだけど、全然そんなことなかった!!むしろ映画を見た今、あのネットのあれこれをもう一度読みたいぞ!

とりあえず、まず叫んでおこう。花森防衛大臣、カッケエエー!!!余貴美子さんでした。マジカッケエ!

全体の感想としては、まずは、いろんなオタクが喜びそうなポイントが満載でした。さらに小ネタ満載。早口のセリフと長い字幕で一度では理解しきれない細かい部分が多くて、それがリピーターを生んでるのだと思う。

序盤の政治家が情けない、グダグダだ、という話でしたが、まあ、あんなもんでしょう。災害にしろ、他国の侵攻にしろ、ある程度は事前に予測できるものだけれど、今回はある日突然起きた原因不明の事象から数時間で首都破壊に至るわけで、劇中「初動がもう少し良ければ」と言ってましたが、「自然災害なのか何なのか」から特定しなければならないことを考えると、仕方ないことだったかと思います。いやむしろ頑張ってたほうじゃないかと。

そして石原さとみが微妙という声もあったけど、全然、あれはあれでああいうキャラクターなのでいいんじゃないかと思う。花森防衛大臣や尾頭さんがあまり女性を感じさせないエリートという一方で、必要なら女性であることも利用して周りを自分のペースに持っていくわよ、というまた違った有能さを垣間見ました。矢口と恋愛要素に持っていくという話もあったけれど、庵野監督が却下したとか。いやでもね、ワタクシあれで十分ですよ!行間を妄想して楽しむ人種としてはあれくらいのほうがむしろ萌える!きっとカヨコは「じゃあね、またそのうち」とか矢口に言って、アメリカに戻っていくんでしょう。うわ、たまらんね(爆)。

3.11の震災とか原発とかのオマージュだの庵野監督の皮肉だの、なんだの言ってる人もいましたが、私はあの映画は「シンゴジラ」であって、それ以上でもそれ以下でもないと思いました。ただ、視聴者が3.11を経験したことで、よりリアリティを感じられる演出をしていることは確かかと。みな、あの時のことを思い出せるから、恐怖とかパニック具合とか容易に想像しやすい。逆に20年くらいして、3.11を知らない世代が見たとしたら、もしかしたらあまりリアリティを感じられないのかもしれないと思う。

あとは、そうだ、最初に出てきたゴジラ見て、椅子から転げ落ちそうになりましたけれども。なんじゃあの可愛い顔はー!と思ったら、男の人は結構あれがキモイ怖いと言ってる人も多いのね。しかも、「いかにも昔の特撮」感のちゃちい映像で、だからこそ、いわゆる誰もが知る「最終形態のゴジラ」のCG満載の進化した姿が際立つわけですが。要所要所でそういう「いかにも昔の特撮」感を出していて、フルCGではない味がありました。なんだろう、それこそ「虚構」というかね。

この映画の賛否が分かれるのは、おそらく登場人物のバックグラウンドを一切描いてないところかと。家族とか、全然出てこない。いわゆるありがちな「脅威に勝つのは人間の愛」みたいなのが一切ないのが、個人的には好きだけれど、まあ、そこが物足りない人は多いのだと思う。というか、ひたすら事実の積み重ねで終わるからなあ。もちろん、細かいところで家族の愛情みたいなものが垣間見える描写はあるのだけど、ひたすら職務に邁進する姿を中心に描いているし、普通の人があまり描かれていないから、感情移入しにくいところはあるかな。

とにもかくにも、私的には大満足な映画でした。この後みんなのネットのあれこれ読んで、行間をあれこれ妄想しながらしばらく生きて行けそうです(笑)。

奈々様QVCマリンフィールド事前物販

2016.09.12 12:42|音楽・映画
9月22日に甲子園である、水樹奈々様のコンサートの事前物販に、昨日、QVCマリンフィールドまで行ってきました。

前回のLIVE GALAXYや、去年の西武ドームのコンサートでも事前物販行ったのだけど、だいたい午後過ぎには人がはけていて、超人気アイテムは売り切れたりもするのだけれど、過去、めっちゃ欲しかったものが買えなかった、ということがなかったので、今回もお昼ぐらいに到着。千葉、うちから遠いんです。そしてうちの周りは晴れていたのに、千葉は雨。

QVCに向かう途中、チェリボの公開撮影に奈々様降臨予定らしいという情報をツイッターでキャッチ。公開撮影には行かず、グッズ優先するつもりの心が若干揺れる。物販列には12時半までに並んだ人には整理券が配られ、公開撮影に行っても撮影終了後に整理券順に呼び出されるとのこと。とりあえずぎりぎり12時半間に合うか!?という時間だったので、悩みながらもまずは現地へ。

なんとか12時半までに滑り込み、整理券ゲット。12時半少し過ぎたあたりまで配られてたみたい。結局私は、公開撮影中に売り切れるものがあるかも!と思い、グッズを優先。私みたいにぎりぎりに滑り込んだ人たちはみなグッズ優先してたみたい。しかしこの判断が後々功を奏すことに。

今回、なんだか本当に列の進みが悪かった。雨降ってるから暇つぶしの漫画も雑誌も読むことできず。そうこうしていたら、さ、寒い!めっちゃ暑さ対策ばっかしてきたので、薄着だよ!こりゃ風邪ひくかもなー、と思い始めたころ、球場内では奈々様降臨したらしく、雨が上がる(笑)。ほんと、すごいな。公開撮影もだいぶ押していたらしく、奈々様のお声だけ外から拝聴。私もグッズ、結局公開撮影終了までには買えなかった。この時点で2時間くらいたってたのに。建物内にすら入れてないというね。

で、この後整理券組が戻ってきたのだけど・・・なんとグッズを優先した私たちの後ろに並ぶことに。そうか、それで整理券もらえなかった人たちは遠くにならばされてたのか、とここで納得。が、整理券もらって公開撮影行った人たちは納得できない人も多かったらしく。そうだよな、私ですら「グッズ優先した人も含めて整理券順」になるのかと思ってたもん。ツイッターかなり荒れてたっぽい。そして、公開撮影終わったあたりから、徐々に売り切れラッシュへ。

結果、物販にたどり着けたのは16時前。そのころには狙っていたユニフォームはすべてのサイズで売り切れ。ジェット風船も売り切れ。速乾Tシャツも全部売り切れ。結局買いたかったマフラータオルとピンバッチ1つ、あととりあえず当日着ていくために、速乾Tシャツとどちらを買うか悩んでいたもうひとつのTシャツDを購入。Tシャツはレディースサイズが購入できた。

雨の中、3時半ならんで、この成果・・・。狙っていたユニフォームも買えず、何しに並んだんだ私は・・・。

が、私の後ろに並んでいた、整理券もらって公開撮影行った人たちはもっとひどいと思われ。16時半少し前に海浜幕張から電車に乗ったのだけど、その時にはNANACAもなくなったとかツイッターで流れてきてたから、もう、そもそも予想来場者数の想定が間違ってたんだろうな。

今回物販列の進みが遅かった原因は、売り場の狭さにあると思う。球場のコンコース内(飲食店とか並んでるところ)が販売エリアだったのだけど、そもそもスペースが普段と違って狭いもの。いつもはもう少し広い場所だったのに。購入ブースの前が狭いから、必然的に少しずつの人数しか販売エリアに入れられず。購入の窓口もなんだか少なかったような気がする。

まあもう、事前物販に来る人数をナメてたとしか思えないな。

朝6時に並んだ人が12時くらいの購入だったとか言ってたし。もう今度からは朝イチで車でいって、ゆっくり待つことにします。朝イチで行けば12時くらいには終わるし、1日が有意義に使える。

ということで、大した成果もなく帰ってきたのが17時半。実は前日の土曜日も仕事でちーちゃんのお世話を旦那にお任せしていて、2日連続でお任せしてしまったので、夜は旦那の好きなしゃぶしゃぶやへ行きました。今度の大阪遠征でも、1日目のライブ当日はお世話をお任せしてしまうので、2日目の午後は一人で好きなところ行ってきていいよ、新世界で飲み歩いてきてもいいよ、と言ったら「よしもと行きたい」というので、昨日の夜チケット手配して。

うぬ、大阪、楽しみだな。

テーマ:働くママの育児日記
ジャンル:育児

1歳4か月

2016.09.09 12:18|ちーちゃん(1歳)
そういえば一昨日、ちーちゃん1歳4か月でした。あと2か月で赤ちゃん期が終わっちゃうよ~。

そんなちーちゃん。結構身長が高くて、既に80cmくらいあって。2歳児クラスまでしかない保育園で、ほかのおにーさんおねーさんたちと比べても、そこまで大きく差があるようには見えないのだけど、それで最近ちょっと困ったことが。

保育園のおにーさんおねーさんたちは、そうは言っても0歳さんだとよくわかってるので問題ないみたいなんだけども、公園とか行くと、元気いっぱいの2歳くらいの子が、「一緒にあそぼー」って感じで寄ってくるのです。特に女の子とか、しゃべるのが早い子が多いみたいで、すごいいろいろ話しかけてきた子がいたのだけれども。たぶん、ちーちゃんが自分と同じくらいだと思って寄ってきたんだろうな。「握手しよ、タッチしよ」みたいなことを言ってるんだけども、ちーちゃん、当然しゃべれないし、そんな知らない子に言い寄られた(笑)こともないので、完全に硬直(爆)。固まってたらその女の子も「あれ?」とか言い始めて(苦笑)。「まだおしゃべりできないのよー」って言ったら、ちょうどやってきた別の子に興味が移ったみたいで、バイバイしていったのだけれども。

早くおしゃべりできるようになってほしいよな、今のままでいてほしいような(笑)。うー、とかあー、とか言ってるのが可愛いんだよな。

先日遊びに行ったららぽーと富士見にて。




パンツ丸見え。

このヨタヨタ歩くのもあと少しかー。今度ビデオ撮っておこう。

テーマ:働くママの育児日記
ジャンル:育児

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの

最新記事

タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ

これまでの訪問者

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

最新コメント