FC2ブログ

旅行中の離乳食

2016.04.14 09:04|子連れサイパン2016
再びサイパン話でも。

ちーちゃん、旅行時点で生後10ヶ月、ということで絶賛離乳食中なんですが、海外旅行中の離乳食について。

もともと私はベビーフードを使うことに全く抵抗はなく、まあ、大人で言う所のお惣菜とかお弁当的なものだと思っていて。なので、できる限り手作りしてますが、外出するときや、時間がないとき、疲れたときなんかは、ベビーフードで済ませることもそれなりにあったのだけど。やっぱり旅行中は3食ベビーフードになるよね。なかなか10ヶ月では取り分けも難しいし。

荷物になるので、瓶ではなくパウチのベビーフードを持っていくとして、ひとつ注意点が。アメリカは肉、肉の加工品が含まれているものを持ち込むのが禁止だそうで、肉エキスとかも含まれるらしい。ハワイあたりだとちゃんとチェックされたみたいだけど、サイパンとかじゃまあゆるいだろうとは思いつつも、引っかかったらいやだったので、肉とか含まれないものを探しました。

で、結果的に持って行ったのは下記の4種類。9〜12ヶ月用のおかずだとこんな感じだった。

キューピー「カレイとひじきの煮物」

karei.jpg

和光堂「鮭とじゃがいもの和風煮」

sake.jpg

Bean Stalk「鮭と野菜の石狩風煮込み」

ishikari.jpg

Bean Stalk「麩と白身魚の五目煮」

fu.jpg

ちーちゃんは麩が結構好きなので、麩と白身魚の五目煮を多めに持っていきました。普段は和光堂のグーグーキッチンシリーズが、具も大きくて近所のドラッグストアでも売っていて、よく買ってるのだけど、グーグーキッチンは何かとチキンブイヨンとか入ってたので残念。キューピーは具が少なくて微妙だったんだけど、そんなこと言ってられないので、一応チョイス。

そしてご飯はフリーズドライのおかゆ。何種類か試してこれが一番おかゆっぽく、かつ余計なものがあまり入っていなくてよかった。私としてはパン粉をお湯で戻した的な感じがしたけれど、ちーちゃんはパクパク食べてました。

まつやのおかゆ

okayu.jpg

グーグーキッチンシリーズとか、Bean Stalkのシリーズにもご飯入ってるシリーズがあるのだけど、ちーちゃんのこのころの食欲ではもうレトルトパウチの離乳食1袋では全然足りないのです。だから、おかゆとおかず、って組み合わせにする必要があり、荷物を減らすためにもフリーズドライのおかゆにしたんだけど、これが大正解。1食分の量を調整できるのがすごく重宝した。

フリーズドライおかゆとレトルトのおかずが1食になるんだけど、外食するときは小さいタッパを1つと100円均一で買ったプラカップを1つ持参。それと水筒でお湯も。お湯とかいるので逆に荷物が多くなるような気もしたけど、結局ミルクに必要なので水筒持っていくな、と思い。100均のプラカップにおかずを入れて、タッパの方におかゆを入れてました。おかゆはお湯を入れるのでプラカップだとダメかなと思って。

持って行ったのはこんな感じなんだけど、朝はホテルのバイキングがあって、おかゆとか茹で野菜とかフルーツとか食べさせられるかな、と思っていたのだけど、以外と食べさせられるものがなかった。おかゆはあったけど、ちーちゃんにはもう物足りない十分がゆみたいな感じだったし、ゆで野菜はあったけど固かった。かろうじて食パン食べさせたりしたけれども。成田で一泊したのだけど日本のホテルでも同じような感じで。取り分けはまだ早かったみたい。

あと、飛行機とかでご機嫌取る用の、キューピー「ももとりんごのジュレ」

49840377M.jpg

我が家の最上級のデザートで、どうしても機嫌悪いときとか、飛行機や新幹線とかでご機嫌取るようにいくつか持って行った。しかしご機嫌斜めの帰りの飛行機では、一瞬しか効果なかった・・・。

3食レトルトだったけど、特にお腹壊すこともなく、その後手作りご飯を嫌がることもなく。相変わらずの白がゆと食パン至上主義で母はやる気を失くしますよほんとに。あ、でも持っていったものは行く前に一通り食べさせて、大丈夫なことを確認しました。10ヶ月では取り分けはかなり難しいので、ベビーフードに抵抗ある人は、海外旅行はまだ難しいかも。

テーマ:働くママの育児日記
ジャンル:育児

タグ:旅行記

子連れ旅行メモ

2016.04.06 13:55|子連れサイパン2016
保育園に行き始めて、まだ慣らし保育中だけど、私の時間がめっちゃできた感じ!ということで、滞っていたサイパン旅行の続きでも。

先日、もうすぐベビ連れ国内旅行を計画している友人に、旅行中の過ごし方や飛行機のことなんかをいろいろと聞かれたので、そのあたりをまとめてメモ。

1日目
成田から昼便のデルタ航空でサイパンへ出発です。

成田空港〜サイパン空港まで
・乳幼児連れの席はWebチェックインができないので、当日有人カウンターへ。数年前は大行列ができていたけれど、平日ということ、あとWebチェックイン主流のためか、空いてました。

・デルタの場合、ベビーカーは搭乗口まで乗せて行って、搭乗口で預けられます。飛行機から降りたときも、割と降りてすぐのところで引き取れました。入国審査が混むので、ベビーカーをすぐに受け取れてよかった。

・ちなみ羽田で国内線の場合、ベビーカーは荷物として預けてしまって、空港のベビーカーを搭乗口まで使用してます。

・液体持ち込み不可ですが、100ml以内の容器に入れれば持ち込めます。お弁当タイプの離乳食と、100mlのパックのリンゴジュースをジップロックに入れて持ち込みました。水は手荷物検査の後購入するつもりが、あまり喉乾いてる感じでもなかったので、機内でもらいました。

・成田のキッズスペースで少し遊ばせました。朝早かったからか、誰もいなかったけど。でも思ったほど時間がなかった。

・機内ではチェアベルトが便利!自分に巻いて赤ちゃんを固定すると、両手が空くのでいい!

・ちなみにデルタのバシネットは身長65cm以下、体重9kg以下でちーちゃんすでにアウトでした。

・サイパンでの入国審査ですが、ベビ連れは是非ともESTA登録しておくべき。赤ちゃん連れ専用レーンがある、と聞いていたんですが平日ということもあってか、みな一緒に並ぶ感じでした。学生が多かったので時間かかったよ!この並んでいる間にちーちゃんの機嫌が急降下して大変だった。4000円くらいかかるけど、次行くときは ESTA登録しておこうと思う。

・ホテルではベビーベッドを入れてもらいました。ベビーベッドで寝る子なら、あると絶対便利。

1日目まとめ
ほぼ移動で終了。ホテルで案の定場所見知りしたので、お気に入りのパンダのぬいぐるみを出したら、もう感動の再会って感じで喜んでました。お気に入りのおもちゃを持参すると落ち着くみたい。機内ではちょっと昼寝したけれど、基本テンション高かったので、夜便で寝かせようとか、無理だったと思う。大人も子供も疲れたので、この日は早めに就寝。


2〜3日目
オプショナルツアーとかには参加せず、基本まったりとホテルで過ごしました。プールもビーチもあるから、ホテルで十分楽しめます。過ごし方としては、朝ごはんの後、プールサイドへ繰り出し、ビール飲んだり、旦那と交代でシュノーケルしたり。ちーちゃんをプールに入れてみたり。朝のお昼寝もプールサイドでさせました。

カノアのプールサイドのベンチは14時ごろから西日が当たって日陰が減るので、その頃には撤収して、部屋でみんなでお昼寝して、夕方買い物や晩ご飯に繰り出す、という感じ。まったり過ごしたけど楽しかった。

4日目
最終日は半日観光をした後、帰国です。

バスで半日観光
ここでは抱っこ紐が当然大活躍。ベビーカーではきつい場所も多かったので。バス観光は抱っこ紐が前提かなって思った。思いの外日差しが強くて、ちーちゃん暑さにおつかれみたいだった。帽子必須です。ちーちゃんは基本、乗り物好きなので、バスからの景色を見てご機嫌でした。

いよいよ帰国
もうね、これが一番大変でした。ホテルのピックアップ後、サイパンの空港へ。以前もそうだったけど、ここのチェックインにものすごく時間がかかります。バスを降りて一番最後になってしまったのだけど、添乗員さんが赤ちゃん連れということで優先的にチェックインさせてくれたので、ここでは並ばずに済みました。

けれど次の出国審査が大変。ちょうど韓国便と時間が近かったせいか、チェックインを終えてもその後の出国審査で大行列。そしてここでちーちゃんの機嫌急降下。なんとかなだめすかしながら出国審査をして、DFSをうろついてから搭乗。

でね、ここで大失敗をしてしまったのです。パパっ子モードのちーちゃん。帰りはパパ抱っこじゃないといや!と乗ってから言い出し。しかし私が抱っこする気満々で、旦那が真ん中席に座ってしまい。結果、通路側の方に結構迷惑かけてしまったのでした。

帰りは夕刻便ということもあり、お疲れモードな上に、西日が強くて飛行機の窓を閉めてたので外見えないし、でもう不機嫌MAXですよ。いやー、ほんと、「あと30分」「あと15分」ってカウントダウンしてた。

なんとか日本に帰国、最後は成田そばのホテルに1泊して帰ってきたのでした。


まとめ
上記を踏まえて、きづいたことなど。

お菓子が大活躍
育児方針はあると思いますが、お菓子がないとかなりきつかったです。私自身は、あんまりあげすぎるのはな、と思っているタイプですが、旦那や義母が結構あげるタイプで、普段はまあいっかという感じでした。(それくらいの心持ちじゃないと同居はできないからねー。)

で、機内でもそれ以外でもご機嫌取りにお菓子が必須!クッキ−1つあげておけばそれだけで数分持つし、その間に気分が変わったりすることもあるし、ご機嫌とる対策も練れるし!

さらに旅行中は大人の都合でご飯を引っ張ってしまうことが意外に多いです。例えば移動に時間がかかったり、買い物に思いの外時間がかかったり。そういうときに、とりあえず小腹を満たすのにもお菓子が便利。うちはベビー用のクッキーとかウェハース、それとハイハイン。ハイハインはおすすめです。原材料がお米で余計なものがあまり入ってないし、甘くもしょっぱくもないし。ただ持ち運びに割れやすいので、うちは小さいタッパーに入れていった。

オムツや着替えは思ったほどいらなかった
ビーチリゾートの場合は、ですね。水遊びパンツや水着で過ごす時間が長かったので、あまりいらなかった。

お気に入りおもちゃを持っていく
今回持っていたパンダのぬいぐるみとか、旅行に持っていくには躊躇する大きさなんですが、持って行って正解でした。ホテルで過ごす時間が長いなら、ある程度おもちゃを持っていくことをおすすめします。多少大きくても、お気に入りを持って行った方がご機嫌に過ごせる感じ。

ミルク用のお湯確保の手段
都会で暮らしていると忘れそうになるんですが、意外にお湯もらえるところないんですよ。海外はもちろんですが、国内でも!実家に帰省したとき、岡山駅周辺ですらお湯難民になったよ!

で、そのことを踏まえ、今回も水筒持参。離乳食にも使ったので、外に出るときは部屋からお湯持参でした。サイパンの場合、お願いすればレストランでもお湯もらえました。アグライアでは日本人経営ということもあってか、「ぬるいの?熱いの?」と聞いてくれました。hotだけじゃわからないものねえ。

国内地方の場合、イオンに行けばまず間違いなくお湯あります。それ以外のデパートとかスーパーだと、駅前のお店でも授乳室はあってもお湯がないところも多くて。なので、ミルク飲むベビちゃんを連れてる場合は、水筒持参が無難です。


そんな感じかな。思い出したらまた書きます。

テーマ:働くママの育児日記
ジャンル:育児

タグ:旅行記

サイパンご飯メモ - 大人編

2016.03.23 09:01|子連れサイパン2016
サイパンでのご飯メモ。行ったレストランとかとか。基本、ススペ地区です。

ジェントル・ブルック・カフェ
http://gentlebrookcafe.jimdo.com/
ススペにあります。サイパンのお店は全体的に照明が暗くて、最初入るのを躊躇したんですが、入ったら普通でした。私たちが行った時は平日の18時前だったので人もまばら。韓国人ファミリーが1組いただけでした。

ここで、10ドルのディナーセット(ハンバーグ、魚フライ、ご飯)とアンガス牛のステーキセットを注文。旦那とシェアしながら食べたけど、ボリューミーでした。お酒も2、3杯飲んで60ドル弱。アンガス牛が30ドルくらいしたのに、安い。子供用椅子もあり、店員さんが子供用食器も持ってきてくれ、とても親切にしてくれました。写真はカメラ忘れた。

大長今(テジャンクン)
http://4travel.jp/overseas/area/oceania_micronesia/saipan/saipan/restaurant/10384436/
韓国料理のお店です。店構えがまだ新しく明るいのでちょっと入りやすかった。ランチ利用。中国人と間違われたのか、中国語メニューを持ってこられてしまったので、勘で注文。私は12ドルの焼肉丼セット、旦那は12ドルのチゲっぽいものを注文。なんのチゲかはわからないけど、結構辛かったらしい。焼肉丼はぜんぜん辛くなかったというか、辛味ゼロなので子供でも大丈夫な感じでした。

旦那のチゲ
IMG_1939.jpg

焼肉丼
IMG_1937.jpg

このお店、座敷があって私が行った時、日本人の子連れ家族がいたんだけど、おもちゃとかもたくさん用意されてて子供が楽しそうに遊んでました。その家族が帰って、お店も空いていたので、ちーちゃん、ちょっとそこで遊ばせてもらいました。

IMG_1940.jpg

IMG_1942.jpg

子連れにはオススメ。ビールも飲んで31ドル。明瞭会計でしたよ。

アグライア
http://www.aglaia-saipan.com/
木曜日はガラパンでナイトマーケットが開かれてるとかで、行ってみたかったんだけど、屋外のベンチでちーちゃんにご飯食べさせるのも大変だし、人混みだと疲れるしで断念。でも旦那とちーちゃんが夕方遅くまで昼寝をしてしまったので、この日ガラパンまで出ることに。ロリポップで買い物した後、前回サイパンに来た時も行ったアグライアへ。

日本人シェフの創作料理のお店だそう。ココナッツの刺身とか、おいしかったよー!どれもこれもおいしかったです。

IMG_1949.jpg

ナイトマーケットの方へ人が流れたのか、お店は割と空いていて、ちーちゃん長いソファでハイハイしてみたり。店員さんが相手してくれたりで、皆親切でよかったです。お酒も充実していて、カクテル7ドル、ということで・・・久しぶり!XYZ!冷えてておいしかった!

IMG_1953.jpg

イスラカフェ(カノアリゾートホテル内)
3日目のお昼はプールで遊んだ後、そのままホテルのカフェへ。カノアバーガー8ドル。ボリューミーなお肉が入っていておいしかった!旦那はラーメン食べてたけど、ラーメンは少し時間がかかってました。水着のままご飯食べてまたプールに行って。こういうの楽しい♪

IMG_1974.jpg


オカダヤ
カノアやワールドリゾートのすぐ向かいにあります。一見「やってるの?」と思ってしまいそうな、食堂風のお店。ディナー利用。普通に定食屋さんでした。お酒もあるし、特に焼酎は安くて充実していた。持ってきてくれたメニューの他にも店内に張り出されたメニューがたくさんあって、刺身とかもあったけど、どれが単品でどれが定食かイマイチわからず・・・。日本人の方だったので聞いてみると良いかも。単品かと思って頼んだ豚の味噌焼きが、がっつり定食だったよ(苦笑)。

イカの姿焼き
IMG_1978.jpg

豚の味噌焼き
IMG_1980.jpg

旦那は、ほんとはここでいろいろつまみながら飲みたかったみたいだけど、あまりに一品がボリューミーなので断念。二人で30ドルくらいでした。安くてボリューミーな定食屋さんて感じでした。

ハードロックカフェ
最終日、半日観光へ行ってガラパンでバス下車したものの、時間がなかったのでDFS内で手早く、と思ってきたのだけど・・・高い!おいしかったけど!でも味濃くて飽きたけど!ビールとかは料理の割に安かったので、シェアしながら飲むのがお得な使い方なんだろうな。二人で65ドルくらい。ぜいたくなお昼だったよ!

IMG_2011.jpg


オカダヤ以外はベビー用の椅子がちゃんとありました。オカダヤにはなかったけど、店内がゆったりしているので余裕でベビーカーで入れます。というか、どこもベビーカーで入れます。ベビ連れでも臆せず行ける感じでした!

タグ:旅行記

カノアリゾート

2016.03.16 12:57|子連れサイパン2016
サイパンで泊まったのはここ、カノアリゾートサイパンのエメラルドタワー。

カノアリゾート
http://www.kanoaresort.jp/

サイパンは私は今回で3回目で、1度目は友達とハファダイビーチホテル(現グランヴィリオリゾートホテル)、2度目は旦那とマリアナリゾートに泊まりました。どちらも満足度は割と高くて、今回も少し悩みました。旦那はマリアナリゾートでいいよ、と言ってたんだけれどもね。2つのホテルのメリット、デメリット。

グランヴィリオリゾート
メリット
・なんと言っても立地よし。DFS、スーパーが目の前。
・ホテルのすぐ裏からマニャガハ島への船が出てる。
デメリット
・ホテルにビーチがない。

マリアナリゾート
メリット
・ホテルのビーチがきれい。マニャガハ島行かなくてもシュノーケル楽しめる。
・サーキットがあったりもして、施設オプションツアーが充実。
・スパ(水着で入るお風呂)みたいなのがある。
デメリット
・ガラパンからバス20分、空港から50分。遠い。
・周りにスーパーもレストランもない。(ホテル内には少々)

ちーちゃん連れてるので、ビールとか水とか買い物してバスで帰るとか大変すぎるので、グランヴィリオにしようかとちょっと思ったのだけど、ビーチからすぐにホテルの部屋に帰れたほうが絶対楽だよな、と思い。私や旦那はシュノーケルが外せないので、魚のいるビーチは必須。

ということで、いろいろ調べて、カノアリゾートにしたのです。ガラパンからは少し離れたススペ地区。ガラパンほど栄えてませんがレストランとスーパーはあります。そしてマリアナほどではないけれど、ビーチには魚もいるらしい。隣のワールドリゾートの方がプールが充実して楽しそうだけど、どうせちーちゃん遊べないし高いし、でカノアリゾートに決定。

部屋は本館は古い、とあったのでJTBのツアーで5000円くらいしか変わらなかったので、エメラルドタワーにしました。結果、これが大正解。広くて眺めも良くて、珍しく旦那がしみじみと「エメラルドタワーにしてよかった」って言ってました。旦那は割と「なんでもいい」というタイプなので、こういうこと言うのは珍しいのです。

カノアリゾート
メリット
・何と言ってもスーパーが近い。
・レストランも中華、和食、韓国料理、ベトナム料理、ステーキハウス、くらいはある。
・本館、エメラルドタワーどちらの部屋からもプール、ビーチまでが近い。
・空港からも近い。
・ビーチが超きれいでシュノーケリングも楽しめる。かなり遠浅なので小学生くらいでも楽しめるかも。
・プールサイドにカフェテラスみたいなのがあって、水着のまま一日中軽食やドリンクが楽しめる。
・小さいけどDFSがあって、ガラパンよりも安かった感じ。ここでカバンとかお土産とか服とか購入。

デメリット
・ガラパンから遠い
・オプションツアーの場合、他のホテルより迎えが早い感じ。
・レストランはあるが、選択肢が少ない。
・幼児用プールがない。一番浅いので50センチ。

でもとーっても満足度高かったです。多分次来るときもカノアリゾートにすると思います。やっぱホテルの部屋からプール、ビーチが近いのが何よりもいい。マリアナリゾートとか、ビーチまで坂下るし、ホテルの敷地が広いのでビーチやプールまでが結構遠い。カノアはどこからもそこそこ近いので、ちょっと何か取りに部屋に戻る、とかも苦じゃなかった。ちーちゃんがもう少し大きくなったら、プールが物足りないかもしれないけれど。

ちなみに、プールサイドでライフジャケットやタオルがレンタルできます。ちーちゃんサイズのライフジャケットもあって、浮き輪も持って行ってたけど、ライフジャケットのままでも水に浮いて楽しめます。(頭のところに支えがあるので)。また大人でもライフジャケット着てシュノーケリングすれば、泳げなくても楽しめそうです。そんな女子大生がいたっけ。

魚がたくさん見えるのに、シュノーケルしてる人はまばらでした。推測ですが、海外の人とか最近の若い日本人の子とか、泳げない人が多いんじゃないかと。女性でシュノーケルしてるのは、私と上記の女子大生たちと、もう一人日本人見ただけでした。中国や韓国の女性は、子供の親含めて、あまり海やプールに入ってなかった。でも入りたいと思ってる人はいるのか、海から上がったときに中国語でなにやら話しかけられたりはしたな。

海辺の田舎でのんびりするタイプの過ごし方をする人には超おすすめでした。

ホテルのプール

IMG_1962.jpg

前記事のこちらの海はカノアリゾートのビーチです。透明度高し。

IMG_1965.jpg

ビーチ側から見たホテル。奥が本館。外観は古いですが塗り直し中でした。

DSC_0364.jpg

エメラルドタワー7階からのプール、ビーチ全景

DSC_0359.jpg


タグ:旅行記

サイパン行ってきました。

2016.03.15 14:25|子連れサイパン2016
子連れサイパン〜!!ということで、サイパン行ってきました。ああ、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうなあ。楽しかったなあ、また行きたいなあ。

10ヶ月の子連れサイパンの詳細についての諸々はおいおい書くとして、とりあえず素直な感想を。


・気温30度弱くらいだったけど、カラッとしていて汗はあまりかかず気持ち良かった。日差しは強いけど。

・1〜3月が乾季でベストシーズンらしく、滞在中雨にあったのは1度だけでした。

・噂通り、中国人、韓国人がほとんどで、日本語はあまり聞かなかった。でも不快な出来事はなかったよ。

・日本人は学生がほとんどで、ガラパンあたりでしか見かけなかったな。

・ちーちゃん連れていたので、みんながフレンドリーに話しかけてくれて楽しかった!

・現地の人や日本の学生、中国や韓国の人が話しかけてくれるにもかかわらず、ちーちゃん半分の確率でギャン泣き。

・とりあえずちーちゃん、イケメンと優しげな女の人には笑顔になっていた。

・オプションツアーとか行かず、ホテルでまったりだけど、むしろリゾート感あってよかった。

・6年前に行った時よりガラパンあたりが栄えていた。さすが中国バブル。

・私は3回目のサイパンだったけど、一番良い時期だった!また行きたい!


IMG_1965.jpg

IMG_2000.jpg

タグ:旅行記

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの

最新記事

タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ

これまでの訪問者

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

最新コメント