FC2ブログ

我が家のテレビ・Youtube事情

先日Twitterでお子さんに小さいころからYoutubeを見せていたら発信する側になった、というツイートが盛り上がっていましたが、うーん、あれは自宅にいる時間が長い子だったから、見せる余裕もあったのかな、と思います。つぶやいているのが主夫の方でしたし。

そんな我が家のテレビ・Youtube事情。現在はこんな感じ。
  • 親子ともテレビ番組は基本的に見ない。見せていない。
  • アンパンマン、ドラえもん、トムとジェリーは私が嫌いなので見せていない。
  • 戦隊モノ、プリキュアは本人が「怖い」と言って見ない。(私は見たい。)
  • Amazon Primeでシンカリオン見ていたけど親子で飽きた。
  • Youtubeは外出先のレストランとかでだけ見せる
  • 結果、家では見るのはWorld wide kidsのDVD、トミカプラレールのDVD、こどもちゃれんじのDVD、あと手持ちのハピクラ関連のDVDだけ。
  • 親は野球とか見たいけど、つけると怒るので親も我慢。

以前は私も旦那も「家にいるときはとりあえずテレビをつける」タイプだったのだけど、ここ数年テレビが面白いと思えなくて、結果的に野球、サッカー等のスポーツしか見なくなってたんだよね。旦那はビデオ撮ってドラマとか見たいみたいだけど。

で、ちーちゃんには以前はハピクラとか、しまじろうのわおとか、見せてたんだけど、ハピクラはリニューアルで面白くなくなってしまったし、しまじろうは何となく見なくなってしまった。アンパンマンやドラえもんは、ちーちゃんとしてはまだ見たいみたいなんだけど、一緒に見る私がああいう話がなんか嫌でなあ。特にドラえもん。のび太を見ていられなくて。それで結局見せてない。

戦隊ものやプリキュアは何度か見せたんだけど「怖い」と本人が嫌がって終了。

困ったのがYoutube。我が家はAmazon Fire TVを導入しているので、Youtubeもテレビで見られるんだけど、Youtube、どんどん関連動画がレコメンドされてくるじゃないですか。だからやめ時がものすごく大変で。画像がもう見えてるのに「今日はおしまい」とか言われて、納得できる3歳児であるわけもなく。毎度毎度「ご飯だからもうやめよう」という度に泣きわめかれて、それが嫌で家ではYoutube見せなくなってしまった。

ちなみにYoutubeで何を見ているかと言うと、メルちゃんやリカちゃん、アンパンマンのおもちゃで遊ぶ動画が好きなんだよね。最初のころはアンパンマンショーの動画を見てたんだけど、最近ではメルちゃんばかり。小学生のお姉さんがメルちゃんのおもちゃで遊ぶデモンストレーションみたいな動画が結構あるんだよね。それを見たからと言って、おもちゃ買ってとは言われたことがないので、見るのは別にいいんだけど、ただやめ時が大変、っていうね。

ほんとにYoutubeのあのレコメンド機能、どうにかしてほしいです。あれがなければ、見せてもいいんだけど。ちなみに外出時はメルちゃん動画をダウンロードしたものをスマホで見せています。

フルタイムママは、家にいる時間が短いだけに、いろいろせかさないと始まらない。ご飯食べて、お風呂入って、とかせかさざるを得ないので、そのたびに「メルちゃん見るーーー!わーん!!」ってやられたらな、もう「めんどくさ!」って話でな(苦笑)。

実はタブレット学習のようなこともさせていたのだけど、同じように、やめ時に泣かれたので、しばらくさせておらず。あのめんどくさいのがなくなったら、Youtube もタブレットも解禁できるのだけどもなあ。

でもよく考えたら時間のある土日には解禁してあげてもいいかもなあ。ただしばらく見せないと、自分からは見たいと言わないので、あえてこちらからいう必要もないかな、とも思ったり。

まあ、とりあえず。幼稚園に入ったらプリキュアとか見る日が来るんだろうか。。。

最近見たDVD いろいろ。お勉強系以外はサンプルとかが多い。


テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

アドラー叱らない子育て、やっぱりやめるよ。

一週間ほど前に、アドラーの「叱らない子育て」を読んだ話は書きましたが、少し声かけの仕方を変えてみた1週間。ちょっとうちには合ってないような感じなので、やっぱりやめようと思います。

合っていないというのは、私が働く母で、ちーちゃんが親の血を引くなかなかの頑固者、と言うのが大きな理由。

意外に冷静な声掛けが実践できたこの一週間。たぶん体調が良かったからイライラもあんまりしなかったんだと思うのだけども。そんな私と対照的に、ちーちゃんは体調不良もあってイライラMAX!なんというか、「ウァァァァァァァーーーーーーー!!!!!」と言う感じ(笑)。ストレスたまっていたようです。

で、頑固者なちーちゃんに合っていないというのはですね、例えば「まだテレビ見る!お風呂入らない!」という主張を通したいときに、こちらは「でももう寝る時間だよ」「お風呂入らないと明日保育園でくさいくさいって言われるよ」と冷静に言い続けるんだけど、「もうぉおおおお!ママいじわるいじわる!」から始まり、「うぇーーん!!!!ママに怒られたー!!」になり、なおもこちらが「うんうん、テレビ見たかったねー、でももうお風呂の時間になっちゃったよ」と言い続けると、ボリュームがさらに倍(苦笑)。さらに手足バタバタさせて暴れまくる、合間に抱っこ抱っこと言いまくる、叫びまくる・・・たっくんきょとんとする(笑)。

どうも淡々と諭すことで余計にヒートアップしている感じ。自分もよく癇癪起こす子だったんだけど、やっぱり相手が理解してくれないとヒートアップしてしまう気がする。理解するというのはこの場合「テレビが見たかったことを認めてくれる」ではなくて、「テレビを見せてくれる」ということ。「見たかったね」くらいの共感を示されたって、見せてくれない=自分の意見を無視されたように感じてしまうわけで。

ということで、叱らないと結果的に、ちーちゃん自身が引き際がわからず、エンドレス癇癪に突入してしまうので、1段階上の癇癪に行く前に叱って落ち着かせたほうがいいという私の結論。

ここで、1時間でも2時間でも付き合えるなら、いずれ癇癪の時間も短くなって落ち着いてくるのかもだけど、さすがにそれ無理。何かにつけて子供をせかさないと、生活が回って行かないのが共働き家庭。なので、働く母には厳しいと。

叱り方にはもう少し工夫が必要かなあ、と思いつつ、いろいろ実践中。

これくらいの子の癇癪は親に負けたくないだけ、とよく言われるけども、今日思いっきり言われましたよ、「ちーちゃん負けたのに何でそういうこと言うの!」って。朝タブレットやってて服着替えないのでね、またイヤイヤしはじめてね。それで方針変更して叱ったのだけど、最後に「しばらくタブレットはお休みね」と言ったら、先の発言。やっぱ勝ち負け競っとったんかい(苦笑)。

すんなり生活がまわっていくように、イヤイヤ回避のためにまだまだ試行錯誤が続きそうです(苦笑)。




テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

叱らない子育て(アドラー心理学)

タイトルが長いんで端折ってしまいましたが、これを読みました。

叱らない子育て アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ!(岸見一郎)

20190206001136437.jpg

昨日の挨拶の件もそうですが、最近叱ることに関していろいろ考えるところがあり、世の中のブームの叱らない子育てと、従来の厳しく躾ける子育てと、両方の話を見てみようと思って、まずはアドラー関連の本をいくつか借りてきました。この本が一番しっくり来たのだけれども。

著者の方、ベストセラーの「嫌われる勇気」の人なんですね。知らずに借りてきた。

結論から言うと、ちーちゃんには合っているかもしれない。でも考えるより先に行動に出てしまう、やんちゃ系KIDSには向いてないだろうなあ、という印象。

叱らない、という言葉だけが独り歩きして、悪いことをしても放っておく、というふうに誤解されているような気がするけど、それはちょっと違う。叱る、というのは相手を下に見ているから、叱るわけで、対等な立場、例えば配偶者や友達に対してそういう言い方をするか?しないでしょう、だから子供を対等に見て言い方を変えよう、そんな話でした。

例えば電車の中で大きな声を出していた時に「静かにしなさい!」と子供を叱ったりするけれど、これが相手が大人だとこういう言い方しないでしょ、と。「みんなの迷惑だから、静かにしてくれると嬉しい」というような言い方をするでしょう、と。

叱る、ということがどういうことか、叱られる子供がどういうふうに感じているか、それが中学生くらいになったときにどう反抗期になるか、とか、そういうことが書かれていたのだけど、昔の中学校が荒れていたのは、まさに叱りすぎが原因だったのかもな、なんて思いました。今は「15の夜」聞いても盗まれたバイクの持ち主に共感しちゃう世の中だから、尾崎の生きた時代とずいぶん変わったと思います。

また、同時に、ほめる、も相手を下に見ているからよくないそうで。自分の用事に付き合って子供が1時間おとなしく待てたら、たいていの親は褒めるけど、相手が大人だったら褒めたりしないだろう、なんと言う?ありがとう、と言うでしょう?と。
叱らない、褒めない、子供を対等に見て声掛けをする、なるほどな、と思いました。

ほかにもいろいろ書いてあったんですが、本の後半に行くとなんか「あーはいはい、そうは言ってもねえ」みたいな内容も多くて流し読みしてしまったのだけど、前半はかなり良かったです。

著者の岸見さんは、子育てで行き詰ったときにアドラー心理学と出会ったそうで、子育て経験者だからこそ、「一番親がやってほしくないタイミングで、子供は困ったことをする」とか、あるあるが多くて、なるほど、と思うことが結構ありました。

ただ、最初に書きましたが、この本では子供が叱られるような行動に出るのは注目されたいから、悪いということはわかっていてやっている、という前提になっていますが、考えるより先に行動が出ちゃうようなやんちゃキッズには実践するのは難しいと思う。やんちゃキッズだって悪いことはわかるんですよ、後でね。でも衝動で動いちゃうから、何度言われてもなおらない。まあ、叱られたところでなおらないので、それはそれで一緒なのかもしれないけど。こういう子には別のアプローチが必要なんだろな。

ちーちゃんには合いそうな感じがするので、少し頑張ってみようかと思います。最近怒るとすぐ泣くけど、怒ってないのに「ママ怒らないで(怒)!」と言われるのでなー。

テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

main_line
main_line
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの
最新記事
タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ
これまでの訪問者
Twitter
Instergram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
最新コメント