FC2ブログ

幼稚園の1日入園と入園式

いよいよ昨日から幼稚園が始まりました。昨日は1日入園、今日は入園式。今日の入園式はあいにくの雨で、しかも結構な雨で、自転車で行くのを断念、車で行く距離でもないので、歩いていきました。まあ、保育園のお散歩よりは近い。

昨日の1日入園は主に親が当面のスケジュールや持ち物等について説明を聞く会で、その間子供たちは先生と教室で遊んで、とりあえず幼稚園の空気に慣れる、と言う感じでした。親と離れられず、教室に入れない子も結構いた中、ちーちゃんも周りの様子をうかがいながら教室のおもちゃで遊び始め、私は説明会の会場へ。

この日は40分程度で終了。最後にお名前呼ばれて先生からひよこのメダルをもらいました。ちーちゃん、お名前呼ばれて、元気に「はい!」とお返事できてびっくり!お返事できない子も結構いて、まあそうなるよな、と思っていたんですが、まさかのちーちゃん、お返事できたよ!かと思えば、自分が呼ばれるまでずーっと「はい!はい!」と言ってるお調子者な男の子もいて、ほんといろいろだなと(笑)。

入園式の今日は、入口のところから「行きたくないー!」のギャン泣きの子がちらほら。昨日のでイヤだー!と思っちゃったんだろうな。昨日の1日入園なかったほうがよかったんじゃないか(苦笑)。

入園式はこどもの泣き声で阿鼻叫喚のなか始まりました。園歌をうたったり、間に手遊びがあったり、園長先生のお話があったり。ちーちゃん途中でトイレに行ったらしく(保護者席が遠くて気づかなかった)、先生に言えたのかトイレって!と驚き。一応出かける前にトイレ行ったんだけど出なかったんだな。

入園面接のときは、周りの子よりもグズグズで、それはそれは心配になって、一時保育もちょっと遠いけど特殊な園に行かせたくらいなんだけど、保育園の先生が言っていた通り、最後の3か月ほどの急成長がすごかったみたい。ちーちゃんだけではなく、保育園の同級生みんなそんな感じだったそうで。そりゃもうすでに一度「最上級生」をやってきているので、初めての集団生活、と言う子に比べればしっかりしてるとは思うけども。なんか、ちーちゃん見くびってましたごめん、て感じ。

預かり保育をフルで利用する予定で、どうもそういう人は少数派のようで、何かと預かり保育がないとか、年少は休みとかが多くて、「少数派なんだから配慮がないのは当たり前、がんばらなきゃ」くらいの気負いが若干あったのだけど、今日入園式の帰りに担任の先生に声をかけられまして。

式が終わってうろうろしていた時だったので、よく私もしくはちーちゃんの顔を覚えていたな、というのも驚きでしたが、昨日さっそく提出した勤務証明書を見て、18時半までのお迎えに間に合うのか心配されたらしく、声をかけてこられたようで。それはもちろん、園として間に合わないようでは困るので心配するのは当然だと思うのだけど、声の掛けられ方がそういう責める感じではなくて、こちらを本当に心配してくれている感じで言われたので、なんだかすごくうれしかった。というか、よく考えたらそういう言い方できる先生がすごいよな。

説明会の時から、やっぱ諸々の子供の世話はお母さんってのが前提なんだな、とは感じていたけれど、昨日FBに投稿したときに自分で書いて腹落ちしたこと。専業主婦前提とかそういうことより、幼稚園には幼稚園としての理想があって、一般的な事例として話をしているだけなんだろうな、と。時代に即した変化は必要だろうけど、理想は変えないでほしいです。頑張るのはこちらだ。

昨日の一日入園にて。制服が私の小学校の制服とほぼ同じで懐かしい。(岡山は小学校から制服があるので)
20190410232700321.jpg

テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

超ロジカル家事を読んでの我が家の再考

超ロジカル家事を受けてのー。我が家の家事というか、主に料理の見直しについてです。ホットクック、買おうかどうしようか。あの値段は週末プライスじゃないかとは旦那談。

そもそも我が家は昨年シャトルシェフと炊飯土鍋を購入しており、ご飯はもっぱら土鍋で、ほとんど炊飯器を使ってません。

シャトルシェフを買ったときに、毎日使い倒すぜ、と思ったのだけど、そもそもそんなに毎日煮物ばっかり食べるか、って話ですよ。家では週2くらいで使っていますが、アウトドアに持って行けるやつなので、どちらかというとそっちで重宝しています。

しかし気になるのが、無水調理。野菜も甘くなるのかあ、ちーちゃん食べてくれるかも、と期待せずにはいられない。。。

加えてたっくんのアレルギー対策で平日は野菜·魚料理でいくことにしたので、ますますホットクック気になるのです。

が、毎日煮物ばっかりたべるのかっていう、そこに戻るわけです(苦笑)。

とりあえず、ご飯に関して我が家の課題を書いてみます。
  • たっくんアレルギー対策で平日は野菜+魚メニュー
  • ちーちゃんがご飯に対しての興味が薄い。好き嫌いが出てきた。
  • ちーちゃんの食べやすさ対策で、基本ワンボウル(丼・麺)
  • 帰ってきたら5分と待たずに夕食にしたい。ちーちゃんが遊び始めるとなかなか食べないので。
  • 味の薄いものをさりげなく少なく盛って、ポテチやらつまみメニューやらに行く旦那をどうにかしたい
  • というか旦那のアレルギーも半端ないので野菜魚中心にしたい
対して現状。
  • ご飯は炊飯土鍋で朝炊いて、夜はチンして食べる。金芽米なのでそれでも割とおいしい。
  • 夕食は朝作って冷蔵庫へ。味噌汁も朝作って朝夜で消費。
  • シャトルシェフを駆使して朝調理、夜出来上がり、ということもたまに。
  • チンして盛るだけといっても、それでも5分10分かかってしまう。
一時期ワンプレートも検討したけれど、全部作ってから盛る、というスタイルが私に向いてなかったようです。とりあえずつまみを出して、その間に作る、というスタイルが結婚してから多かったので、そうなってしまった。なので、ちーちゃん対策として、とりあえず前菜(サラダ、枝豆、コーン、野菜スティック等)を出して、その間に準備、盛る、というスタイルに定着しそう。ご飯はお茶碗、お味噌汁とおかず、というスタイルをちーちゃんにもさせたいけど、小学校あがってからでいいかな、と。

やっぱりちーちゃんと旦那に野菜をたくさん食べさせるのに有効ではないかと思い始めたホットクック。無水調理が気になりすぎるわけですよ。超ロジカル家事にも「子供がおいしいといってすごく食べた」という話もあったし。

やっぱいいよなあ。とりあえず、明日もう一度、先日見たスーパー内の電気屋さんにもう一度行ってこようかと思います。あるかなー、あのホットクック。

テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

我が家のテレビ・Youtube事情

先日Twitterでお子さんに小さいころからYoutubeを見せていたら発信する側になった、というツイートが盛り上がっていましたが、うーん、あれは自宅にいる時間が長い子だったから、見せる余裕もあったのかな、と思います。つぶやいているのが主夫の方でしたし。

そんな我が家のテレビ・Youtube事情。現在はこんな感じ。
  • 親子ともテレビ番組は基本的に見ない。見せていない。
  • アンパンマン、ドラえもん、トムとジェリーは私が嫌いなので見せていない。
  • 戦隊モノ、プリキュアは本人が「怖い」と言って見ない。(私は見たい。)
  • Amazon Primeでシンカリオン見ていたけど親子で飽きた。
  • Youtubeは外出先のレストランとかでだけ見せる
  • 結果、家では見るのはWorld wide kidsのDVD、トミカプラレールのDVD、こどもちゃれんじのDVD、あと手持ちのハピクラ関連のDVDだけ。
  • 親は野球とか見たいけど、つけると怒るので親も我慢。

以前は私も旦那も「家にいるときはとりあえずテレビをつける」タイプだったのだけど、ここ数年テレビが面白いと思えなくて、結果的に野球、サッカー等のスポーツしか見なくなってたんだよね。旦那はビデオ撮ってドラマとか見たいみたいだけど。

で、ちーちゃんには以前はハピクラとか、しまじろうのわおとか、見せてたんだけど、ハピクラはリニューアルで面白くなくなってしまったし、しまじろうは何となく見なくなってしまった。アンパンマンやドラえもんは、ちーちゃんとしてはまだ見たいみたいなんだけど、一緒に見る私がああいう話がなんか嫌でなあ。特にドラえもん。のび太を見ていられなくて。それで結局見せてない。

戦隊ものやプリキュアは何度か見せたんだけど「怖い」と本人が嫌がって終了。

困ったのがYoutube。我が家はAmazon Fire TVを導入しているので、Youtubeもテレビで見られるんだけど、Youtube、どんどん関連動画がレコメンドされてくるじゃないですか。だからやめ時がものすごく大変で。画像がもう見えてるのに「今日はおしまい」とか言われて、納得できる3歳児であるわけもなく。毎度毎度「ご飯だからもうやめよう」という度に泣きわめかれて、それが嫌で家ではYoutube見せなくなってしまった。

ちなみにYoutubeで何を見ているかと言うと、メルちゃんやリカちゃん、アンパンマンのおもちゃで遊ぶ動画が好きなんだよね。最初のころはアンパンマンショーの動画を見てたんだけど、最近ではメルちゃんばかり。小学生のお姉さんがメルちゃんのおもちゃで遊ぶデモンストレーションみたいな動画が結構あるんだよね。それを見たからと言って、おもちゃ買ってとは言われたことがないので、見るのは別にいいんだけど、ただやめ時が大変、っていうね。

ほんとにYoutubeのあのレコメンド機能、どうにかしてほしいです。あれがなければ、見せてもいいんだけど。ちなみに外出時はメルちゃん動画をダウンロードしたものをスマホで見せています。

フルタイムママは、家にいる時間が短いだけに、いろいろせかさないと始まらない。ご飯食べて、お風呂入って、とかせかさざるを得ないので、そのたびに「メルちゃん見るーーー!わーん!!」ってやられたらな、もう「めんどくさ!」って話でな(苦笑)。

実はタブレット学習のようなこともさせていたのだけど、同じように、やめ時に泣かれたので、しばらくさせておらず。あのめんどくさいのがなくなったら、Youtube もタブレットも解禁できるのだけどもなあ。

でもよく考えたら時間のある土日には解禁してあげてもいいかもなあ。ただしばらく見せないと、自分からは見たいと言わないので、あえてこちらからいう必要もないかな、とも思ったり。

まあ、とりあえず。幼稚園に入ったらプリキュアとか見る日が来るんだろうか。。。

最近見たDVD いろいろ。お勉強系以外はサンプルとかが多い。


テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

アドラー叱らない子育て、やっぱりやめるよ。

一週間ほど前に、アドラーの「叱らない子育て」を読んだ話は書きましたが、少し声かけの仕方を変えてみた1週間。ちょっとうちには合ってないような感じなので、やっぱりやめようと思います。

合っていないというのは、私が働く母で、ちーちゃんが親の血を引くなかなかの頑固者、と言うのが大きな理由。

意外に冷静な声掛けが実践できたこの一週間。たぶん体調が良かったからイライラもあんまりしなかったんだと思うのだけども。そんな私と対照的に、ちーちゃんは体調不良もあってイライラMAX!なんというか、「ウァァァァァァァーーーーーーー!!!!!」と言う感じ(笑)。ストレスたまっていたようです。

で、頑固者なちーちゃんに合っていないというのはですね、例えば「まだテレビ見る!お風呂入らない!」という主張を通したいときに、こちらは「でももう寝る時間だよ」「お風呂入らないと明日保育園でくさいくさいって言われるよ」と冷静に言い続けるんだけど、「もうぉおおおお!ママいじわるいじわる!」から始まり、「うぇーーん!!!!ママに怒られたー!!」になり、なおもこちらが「うんうん、テレビ見たかったねー、でももうお風呂の時間になっちゃったよ」と言い続けると、ボリュームがさらに倍(苦笑)。さらに手足バタバタさせて暴れまくる、合間に抱っこ抱っこと言いまくる、叫びまくる・・・たっくんきょとんとする(笑)。

どうも淡々と諭すことで余計にヒートアップしている感じ。自分もよく癇癪起こす子だったんだけど、やっぱり相手が理解してくれないとヒートアップしてしまう気がする。理解するというのはこの場合「テレビが見たかったことを認めてくれる」ではなくて、「テレビを見せてくれる」ということ。「見たかったね」くらいの共感を示されたって、見せてくれない=自分の意見を無視されたように感じてしまうわけで。

ということで、叱らないと結果的に、ちーちゃん自身が引き際がわからず、エンドレス癇癪に突入してしまうので、1段階上の癇癪に行く前に叱って落ち着かせたほうがいいという私の結論。

ここで、1時間でも2時間でも付き合えるなら、いずれ癇癪の時間も短くなって落ち着いてくるのかもだけど、さすがにそれ無理。何かにつけて子供をせかさないと、生活が回って行かないのが共働き家庭。なので、働く母には厳しいと。

叱り方にはもう少し工夫が必要かなあ、と思いつつ、いろいろ実践中。

これくらいの子の癇癪は親に負けたくないだけ、とよく言われるけども、今日思いっきり言われましたよ、「ちーちゃん負けたのに何でそういうこと言うの!」って。朝タブレットやってて服着替えないのでね、またイヤイヤしはじめてね。それで方針変更して叱ったのだけど、最後に「しばらくタブレットはお休みね」と言ったら、先の発言。やっぱ勝ち負け競っとったんかい(苦笑)。

すんなり生活がまわっていくように、イヤイヤ回避のためにまだまだ試行錯誤が続きそうです(苦笑)。




テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

シャイな子から見る挨拶とは

先日帰省したときに、長年我が家がお世話になっている近所におじさんがいるんですが、そのおじさんがやって来た瞬間、ちーちゃんが固まってしまいまして。安定の人見知り発動です(苦笑)。

昔の人なので挨拶しない、黙っているちーちゃんに「おはよう、おはよう?」と迫るもしょうがないので「人見知りでねー」答えたのだけど、若干おじさんから「お前がちゃんと叱って挨拶させないとダメだろ」的なオーラを出されたような(苦笑)。

しかし叱ったところで人見知りが挨拶できるようになるのか?というとそうでもないらしい。けど、やっぱりこういうところは厳しくしつけた方がいいのか?とも思ったり。

とりあえず、挨拶についての現状をまず考えてみたんですよ。
  • 「おはよう」は聞いたことがない
  • 「バイバイ」は元気に言える
  • 「ただいま」も割と言っている
  • 英語教室で「Hello!」というのは調子がいいと言っている
  • 今年の年始、「明けましておめでとう」と目を見て言ったらまさかの泣かれた(苦笑)。
以上を踏まえてよくよく考えてみたら、なんとなく見えてきました。

一つ言えるのは、「バイバイ」や「ただいま」など、行動が伴っている挨拶はわかりやすいということ。わかりやすい、というのは、「言う場面」が多分明確なんじゃないかと思います。「バイバイ」はどちらかがおうちに帰るとき。「ただいま」は外から帰ってきて玄関開けたら言う。いただきますや、ごちそうさま、もそうですね。ご飯の開始と終了でわかりやすい。おやすみ、もうそうだ。

かたや、「おはよう」って決まった行動が伴ってないと思うのですよ。朝起きたらおはよう、それだけならわかるけど、出かけるときにおばあちゃんに会ったり、保育園の先生もおはようって言う。でもその辺歩いている人は言わない。さらに「おはよう」の後になにか決まった行動があるわけでもなく、決まった会話が続くわけでもない。いつ言えばいいかわからないし、なんのために言ってるのかもわからないんじゃないかな、と。

さらに「おはよう」を言うシーンって本人が違うことでいっぱいいっぱいなことが多い。朝起きたときは半分以上寝ぼけてるし、おばあちゃんや保育園に行ったときは、嬉しくてすぐに話したいこととか言っちゃう。

朝の挨拶については幼稚園や小学校で、みんなで挨拶しているうちに言えるようになった、という話が多かったのですが、挨拶の意味がそうやってだんだんわかってくるようになるのがひとつあるんじゃないかな、と思います。もちろん慣れもあると思いますが。

ちなみに英語教室で「Hello!」と言えるのは英語教室=Helloになってるからだと思います。あと、言うと褒められる、というのがはっきりわかっているから、いえるんじゃないかと。

そしてもうひとつ。人見知りX挨拶。

よそ様に会ったときこんにちは、くらい言ってほしいわけですが、これがまたね、上記の近所のおじさんもそうなんですが、結構子供と会ったときに、子供の目線で、顔を近づけて話をする人多いじゃないですか。たぶん、あれがシャイな子にとっては怖いんじゃないかと。特に男の人。体も大きいし、声も大きかったりすることがおおいし、黙ってたら余計に「おはよう?うん?どうしたん?元気ないんか?」と近づいてくるので、ちーちゃんみたいなタイプは泣いてしまう(苦笑)。私の年始のあけおめ事件もそんな感じ。

という以上の結論を踏まえて、朝の挨拶については、親からは毎日さらっと自然に言うようにして無理強いしない、できるだけ楽しく挨拶する、挨拶できたら褒める。人見知りについては怖いものは仕方ないので、成長を待つ感じかなあ。焦らない焦らない。



テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

main_line
main_line
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの
最新記事
タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ
これまでの訪問者
Twitter
Instergram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
最新コメント