FC2ブログ

幼稚園の運動会DVD

注文していた幼稚園の運動会のDVDが来たので、早速ちーちゃんと一緒に見ました。


イベントごとの写真およびDVDは同じ業者に委託しているようで、そこの業者が定期的に注文・販売を受け付けてくれます。最初のころのイベントこそ、見知らぬカメラマンさんに近づかないせいか(苦笑)、あまりいい写真が少なかったんですが、最近は結構しっかりちゃんと写っているので、運動会も購入した写真と自分で撮った写真でほぼ十分。なんですが、今回雨で学年ごとに体育館開催だったこともあり、私が年中、年長さんのを見たいという理由で購入しました(笑)。毎年運動会は公開されていますが、去年の運動会直後に急遽幼稚園入園を決めたため、一度も見たことなかったんです。


まずはちーちゃんがうらやましがっていた年中さんのバルーン。いや、つーか、すごくないこれ!?バルーンと言う競技?種目自体をあまり理解してなかったんだけど、見た目に派手だし見ごたえあるね、これ!アップテンポの曲にのせての演技だったので、見た目派手な上に躍動感もあってすごかったです。一クラスずつ、大きなバルーンをクラス全員で持って閉じたり開いたり回ったりくぐったり乗ったり・・・テンポが速いので、みんなが合わせるのが相当大変だったと思います。サポートで何人かの先生がついてるんだけど、もう先生も必死の形相(笑)。一人ころんじゃったり失敗したりすると、うまくいかなくなっちゃうので、すぐ先生がサポート。それ以外も先生も中に入ってバルーンを支えたり、ボールを乗せたり、移動を誘導したり、テンポが速いので、大変そうでした。かたや、そのテンポが速いのが子供的には楽しいらしく、みんな勢い有り余ってた(苦笑)。


ちーちゃん、あれをやるのか、来年。練習大変そうだけど、楽しそうだ!


そして、私が見たかった年長さんのバンド行進。思っていたのとちょっと違う感じで、鼓笛隊は場所固定で、フラッグ、フープ、その他大勢のポンポンの子たちがマーチング的に動いて演技します。特にフラッグの数人の子たちは、冒頭に5分以上の応援団的な長い演技があり、子供用とはいえ彼らには少し重いであろうフラッグをくるくるさせて、すごく頑張っていました。フラッグ、フープ、鼓笛隊が半分、残りの子たちはみんなポンポンでダンス、という内訳でしたが、これはグループごとに練習、その後全体練習というステップが必要そうで、それだけで大変そうー、という印象でした。そりゃ1か月半体操服登園になるわ、と言う感じ。


しかし!年長さんが大変なのはこれだけではない!!


年長さんの本来の演目は組体操。昨今小学校でも話題の組体操ですが、私立幼稚園ということもあり、伝統の演目なんでしょうね。私の小学校も6年生は組体操、と言うのが決まっていて、運動苦手だったけど6年生になるまではすごくあこがれてました。そんな年長さんの組体操、最初にソーラン節を踊った後、まず一人の種目。柔軟とかブリッジとか、おお、みんなすごい。あー、これおうちで練習してくださいなやつだろうなあ(苦笑)。その後2,3人での種目、最後にクラス全員で3段の山?を作ってフィナーレ。組体操って、みんなの動きを揃えるのも美しくできるポイントだと思うのだけど、さすがに幼稚園児にそこまで求めるのは酷、まあ、動きがそろわないとかはご愛嬌だよね(笑)。それでもみんな、頑張っていました。


あと、年長さんのリレー!面白いな、これ。足の速さは多少速い遅いあってもそんなに差はないんだけど、バトンの受け渡しのところで転んだりバトン落としたり進路妨害だったりで、ぐしゃぐしゃっとなって一気に差がつく(笑)。半周ぐらい差がついてても、やっぱりバトンの失敗ですぐに順位が入れ替わるという。途中ちょっとよそ見してたら半周くらい差をつけてたトップが入れ替わって半周くらい差をつけてた!


いやー、年長さんの種目はどれもこれも面白かったです。


年少のちーちゃんたちは、お遊戯に毛が生えたような演技とただのかけっこ、親子競技、と去年までの保育園と同じような内容でしたが、年中から一気にハードル上がる感じ。これは多分、年中4月からカリキュラムで体操が始まるので、動きの基礎的なところをやって底上げが図られてるんだろうな。特に年長さんの組体操のブリッジとか柔軟とかの一人種目は4月からやってたんだろうなあと。


運動会が終わったら、クリスマス会。明日です。スケジュールを見ると年長さんは3クラスの発表で午後いっぱいかかるようで、いやー、年長さんになったら大変そうです。。。でも、年長さん、明らかに年少年中の子達と全然違うので、そういうのも頑張れるんだろうな。

ということで運動会、来年も楽しみです。




テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

しまじろう英語コンサート

 日曜日は埼玉は和光市で開催されたしまじろうの英語コンサートにたっくんを連れていってきました。
 
ちーちゃんが1歳過ぎからちょいちょい行っていたしまじろうコンサート。物心ついてストーリーありきの通常のしまじろうコンサートは「怖いのが出てきたら嫌だから行きたくない~」と言われてしまい、歌とコールアンドレスポンス中心の英語コンサートは、あのノリが嫌だとのことで、行かなくなって久しいのだけど。


たっくん1歳10か月、DVD見たりCDかけたりしたらノリノリで踊っているのを見て、たっくんを連れて行ってあげようかな、と思いまして。最初は通常のしまじろうコンサートに申し込もうかと思ったのだけど、ストーリーはまだ飽きやすいし、しまじろう特有の歌が多いので行くまでに覚えさせないといけない。かたや英語コンサートのほうは英語の歌の定番曲が多く、DVDやCDで既になじみがあるものが多かったので、年齢的にはちょっと早いけど英語コンサートのほうに行くことにしました。


ちーちゃんのぽけっとEnglishもほっぷEnglishも、World Wide Kidsも全部見ているたっくん。しまじろうも、Mimi(World Wide Kidsのキャラクター)もBeepy(ぽけっとEnglishのキャラクター)も全部知っているのだけど、いつもテレビで見ているアレが、等身大の大きさになって動いている!なんだここは!?なにが起こってるんだ!?と最初は状況把握が追い付いていない感じでした(笑)。ステージよりも、最初は隣や後ろで踊ったり叫んだりしていた女の子たちや、通路でダンスしていたアシスタントティーチャーのお兄さんに興味津々でした。


知ってる曲は確かにたくさん来ていたはずなんですけど、じーっとステージ見入っていることが多かったかな。時々踊ったり手をたたいたりしていましたが。まあ、もしかしたらこういう時はじっくり見たい派なのかも?とも思ったので、あまり邪魔せず一緒に静かに見ていました。


でも、帰りのベビーカーで脳内再生していたのか、手たたいてました、結構。


帰ってWorld Wide KidsのDVD見せたら、冒頭の音楽でノリノリになっていました。たっくんも内弁慶タイプなのか・・・。ちーちゃんがたっくんがもらってきたシールやカードに興味津々だったので、次は一緒に行く?と聞くも、行かない、と言われてしまいました。そのくせ、気にはなるらしい。


ちなみに内容ですが、歌ってみよう、踊ってみよう、言ってみよう、が英語コンサートのテーマなので、ストーリーはあまりなく、クリスマスのパーティーをしよう!ケーキを飾り付けよう!ということで、「What kinds of fruites do you have?」で始まり(これはちょっと難しい)、モニターにバナナのシルエットが出てきて(この段階で会場の子供たちはBanana!って叫んでる)、「What is it?」とみんなに問いかけ、「Yes, it's a banana!」としまじろうが言う、みたいな、そんな感じで進行していきます。一緒に数を数えたり。ぽけっとEnglishの12月の回が「Can you help me?」「All Right」がテーマなんだけども、それに合わせてか、やたら「Can you help us?」としまじろうたちが言っていました。


以前一度ちーちゃんを連れて行ったときは固まっていて、このノリが嫌だったみたいで、もう行きたくないと言われてしまったのですが、客席で一緒に踊ったりして楽しめる子には座ってみるだけの通常コンサートより楽しいかと思います。実際そういうタイプの子たちがものすごく楽しそうに踊っていました。(それをたっくんが凝視。。)私は結構子供のころからこういう時踊ってるタイプだったらしいのだけど、こういうとこは似なかったみたい。。。


たっくんはどういうタイプかわかりませんが、しばらく様子を見ながら、また夏のコンサートに連れて行ってみたいと思います。
 

テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

子育てと仕事

そもそも半年前、前職をやめたのも、もう少し近くの会社にしたい、子供のために時間を作りたい、ってところからだったのだけども、まあ、やっぱり難しかった。前回書いた通り、家庭の状況の変化もあるし。

今の会社は通勤時間は少しだけ短くなって、フレックスタイムもある、在宅勤務もいつでもオッケー、結構みんな使ってる、という恵まれた環境で。しかも会社自体も残業抑制、子育て中の人も多数、という中、それでも続けられなかったのは、担当する仕事が定時退社や在宅にそぐわなくて、精神的にしんどくなってしまったんだよな。

最近はイクメンという言葉もあって、女性だけでなく男性も家事育児に意識の高い人が増えて、交代で送り迎えしたり看病で休んだりする男性も多い。うちの会社は在宅やフレックスなど制度面が整っていたので、子供がお熱の時にママが休むんじゃなくてパパが在宅にする、という男性社員の人が多かったな。今日お迎えなので早く帰ります、って人も結構いたし。

でも、そんな男性陣も普段は定時に帰る必要なんてないから、19時20時まで時間気にせず仕事ができるわけです。彼らも普段のお迎えは全部奥さん任せ。

お前らお迎え全部奥さん任せにしてるけど、こっちがどんだけ毎日必死にお迎え間に合わせてるか考えたことあんのか❗おい、そこの子供いる意識高い系❗夜8時とか9時とかにいかにも仕事してます的な投稿して、優雅だなあ、おい❗
おっと、取り乱してしまった(苦笑)。

それはさておき、、そういう人たちに合わせて仕事が発生するから、結局定時退社だと途中で丸投げして帰る羽目になってしまう。まあ、ここが多くの時短ママたちの悩みでもあるんだよ思うけど。うちの会社には時短制度ももちろんあって、旦那は「体力的にしんどいなら時短にするとか」と言ってきたんだけど、そうじゃないんだよね、仕事放り投げて帰るのが精神的にしんどいので、時短にしたから解決する話じゃない。

結局制度が整っても、今ある仕事が変わるわけではないから、ただの「仕事があるのに帰る人」になってしまう。
少し面白かったのが、上司がそのジレンマに陥っていたようで。その上司の奥様は時短勤務で働いているそうなのだけど、時短なのにしょっちゅう早朝出社とか残業とかしているそうで、そんな奥様に協力はしつつも、そういうことをさせる奥様の上司や会社に対して結構不満を抱いていたみたいで。その一方で定時に帰る私に対しても、もう少し頑張ってほしいのに、と思うことがままあるようで、でもそれを押し付けたら奥様の上司や会社と同じになってしまう、というところで、どうもジレンマを抱えていたように思う(苦笑)。なんとなく態度にそういう雰囲気を感じたことがある(苦笑)。

ちなみに経験上、定時や時短となじみやすいのは、定型業務(作業)とシフト勤務の仕事。他にもあるかもしれない。前職は時差を利用したシフト勤務的ではあったので帰りやすくはあった。ただ上司がインドの人になって、インドのチームが参画してから「残業上等!」なチーム文化になってしまって。私も夜間のグローバルミーティングへの参加を求められてしまい、それが原因でもともと残業が少なかったAPACのメンバーは私も含めてみんなやめてしまった。上司がシンガポールの人だったころは、19時にSkypeがオンラインになっているだけで「何か忙しいの?はまってることがあるの?なんでいるの?」ってつっこまれちゃうくらいだったのに。

「働くママさんたちが仕事を続けるためには、会社が変わらなきゃ、社会が変わらなきゃ、意識が変わらなきゃ!」的なツイートやエントリをよく見るのだけど、まあ、それも一理はあると思うのだけど、その前に仕事が変わらない限り厳しいのではないかと思う。けれどそれらの仕事は簡単には変わらないし、変える必要もないと思っている。定型業務やシフト業務、働くママさんたちが続けやすい仕事は確かに他に存在しているもの。収入は低いけども責任のない仕事。いや、そういうのはちょっと、女性だってキャリアも捨てたくないし、みたいな考えもわかる。

「責任」というボールは、よほどのことがない限り、一人一つしか持てないのではないかと思う。

何か問題が起きたときに、他のすべてを犠牲にして優先順位1位で対応にあたることを、「責任」だと定義したとして。キャリアを積んで出世していくということは、仕事に対して責任を持つ必要があることだと思う。その時に、家庭に対しての「責任」を同時には持てないのではないか、と思うのです。仕事と家庭と、両方で同時にトラブルが起きたとき、ではどちらを優先するのか?

夫婦どちらかが家庭に責任を持っていればいいと思うので、どちらかは仕事に責任を持てばいい。どちらも仕事に責任を持つのが嫌ならそれでも良いと思うし。いや、もっと言えば家庭に責任を持つ人さえいれば、夫婦どちらも仕事に責任を持つ、を選んでもよいと思う。ただしここでいう「責任を持つ」は「どうしてもそれが必要な時に他を犠牲にして対応する」という話なので、家庭に責任持たないからと言って、家事育児をしなくていいというわけではないし、家庭を顧みなくていいというわけでもない。

今回、我が家の場合、旦那が仕事に対して責任を持つのをやめるつもりはないようなので、私が家庭について責任を持つことを明確に決めて、近所で派遣という働き方を選ぶことにした。たっくんの通院、ちーちゃんのお休み、基本的には私が対応するつもり。まあ、その分収入が減るので、旦那が休むと言うならお願いするつもりだけども。あと、たっくんについてはこれまではちょっと調子が悪くても頑張って保育園行ってもらっていたけど、今後は無理せず休ませるか、病後時保育をもう少し使って見ようかと思う。ちーちゃんは熱があっても幼稚園に行きたがって止めるのが大変なくらいなので、ちーちゃんは行かせるけども(苦笑)。

というそんなこんなことを言ってるそばからたっくんお熱で明日はお休みと思われ。明日はどうしてもはずせない用事があるので、夕方だけ義妹にお願いしようかと思ってるんだが、現在抱っこマンになってしまって相当大変なので病後時保育に行かせるか。。。別に夕方だけでいいんだけど、朝から行かせた方がいいのかなー。これを機に病後時保育デビューしてみるか。。。

テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

main_line
main_line
プロフィール

きゃっぷ

Author:きゃっぷ
外資系企業でITやってますアラフォー、二児の母。4歳の娘ちーちゃん、1歳の息子たっくんと、アラフィフ旦那と板橋区で暮らしています。ゆるーく英語教育や幼児教育など中心のブログに路線変更することにしました。公立至上主義の岡山で育ち、旧帝大法学部を経て、なぜか東京でITやってます。

当サイトのプライバシーポリシーはこちら。

いくつになったの
最新記事
タグ

旅行記 英語 シャイな子育児 子育て論 

カテゴリ
これまでの訪問者
Twitter
Instergram
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
最新コメント